×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  1. トップページ
  2. ZuluTradeとは

プロフィール〜Zulutradeとの出会い

プロフィール〜ZuluTradeに出会う前のFX戦績

初 めてFxを始めたのはサブプライムローンによる世界不況のど真ん中。
格差社会という将来と老後の不安をなんとかしたく、(まだまだ下がるとは知らず)
今が 底だと思い ス ワップによる金利生活を夢見みてトルコリラ、南アフリカランドなどの高金利通貨を買いました。
買った瞬間からさらに下がり始め一度 も上向くことなく、それでもい つか持ち直すこと をじてナンピンし続け。
が、最後には買値の半額近くにまで下がりとうとう強制退場(ロスカット)されてしまいました。

レバレッジを10〜20倍と大き くかけており、ロスカット後の残り資金でも悪あがきを続けたため、
原始のほとんどが無くなってしまいました。わずか数ヶ月で数百万を失い、コツコツためた 貯蓄をほぼ全額を使い果たし、
その後の戻し相場に参戦することもできず、じっと指をくわえてみているだけでした。

教訓として得たの は損切りラインの設定は大事。レバレッジは適正に。長期保有は危険。
ホームランはなくても、ヒットを多く狙う。という当たり前のことでした。
心配性の 私にとってタイミングよくマメに売買するためには相場に貼りつくことが必要でした。
そんなのできるのは週末の深夜の時間帯だけ。
家族サービスも必要でサラリーマンに はこの 時間拘束は正直しんどい。
どこかに売買ルールだけ決めたら自動で取引してくれる仕組みがあるといいなぁと漠然と思っていました。

Zulutadeとの出会い

そんな とき、ZuluTradeによるシステムトレードがあることを知りました。
私の 知ってるシス テ ムトレードといえば、チャートを分析して売買を自分で決めるルールだけだったり、
数十万円するソフトを買ったりするものばかりで二の足 を踏 んでいましたが、

ZuluTradeは違いました。

全自動でパソコンを切っていても勝手にどんどん売買をしてくれる。しかも無料。
自分の気に入ったシグナルプロバイダ (人)を選ぶだけ。
人気シグナルプロバイダは自分でやるより圧倒的に勝率が高い。

自分の時間を使わずに自動で取引してくれるという私の希望どおり。
しかも 初心者でも始めやすそうな ものでした。
こうして私はZuluTradeを調べはじめました。


ZuluTradeとは

ZuluTradeとは

ZuluTradeは2006年にアメリカで生まれたFX自動売買システムの専門会社です。
その仕組みはとても斬新でユニークで、シグナルプ ロバイダと言われるプロ級トレーダーの
売買のサイン(信号)で自動売買を行うものです。
シグナルプロバイダは1200人以上登録されており、こ れまでの戦績やランキング、投資スタイルが公開されています。
私達は自分の好みにあうシグナルプロバイダの売買信号(シグナル)を指定するだけです。
シグナルプロバイダはいつでも変更できます。私は人気ランキング上位の人から選んでいます。
ランキング上位者は勝率80%以上も多数です。自分で投資していたらありえない勝率です。

自動売買といっても売り時・買い 時を判断するのはコンピュータではなく人間(シグナルプロバイダ)で、
彼らの売り時・買い時のサインで自動で売買できるのです。
しかも無料です。ZuluTradeは取引の手数料(スプレッド)の一部を会社収益とします。
シグナルプロバイダも同様に指名された取引に応じた手数料が 入ります。
指名数が多いほど彼らに入る収入も多くなるので彼らも真剣です。
取引の手数料(スプレッド)は提携している証券会社によりますが、私たちが自分でFX取引をするのとほとんど変わりません。

当時、FXはまだ黎明期で混沌とした時代でしたが、
  ZuluTradeと提携し、自動売買できる証券会社のなかには、
日本語のホームページやTELサポートを始めた会社もあり、身近になりつつありました。

そして、2014年、ZuluTrade Japanが発足し、正式スタートしました。

シグナルプロバイダの取引成績を見てみると明らかに自分でやるより良い成績なのがわかります。
そして多い人は一日数十回も取引して います。
パソコンを切っていても自動で一日に何回も売買し、自分でやるより戦績が良い。

なんだかやらないほうが損をしているような気がしてきます。

私は ZuluTradeを始めてみることにしました。


ZuluTade概略
2006年設立。本社はアメリカ。
2008年度は1兆五千億円の取引実績がある。

取引(証拠金)は1万円から開始できます。詳しい入会方法はこ ちら

いますぐ無料登録するならこ ちら

2012/07 ZuluTradeの人気が日本でも急上昇ですね。利用者の方が増えて、いろいろ質問いただきます。