×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  1. トップページ
  2. 取引してみようZuluTrade

取引しよう〜取引の仕方

口座を開設し、入金できたら、いよいよ取引です。

ZuluTradeではシグナルプロバイダを選び、レバレッジなどのリスク設定をすることで自動売買が始まります。
その操作方法を見ていきましょう。(画面はデモ口座ですが、ライブ口座も同じです)

ロットサイズ,最大オープンロット数, シグナルプロバイダごとの取引ごとのロット数,最大トータル オープン数
資金リス ク管理のためにとても重要な設定ですので、かならず設定しましょう。

@ステップ1〜ロットサイズと最大オープンロット数を指定する。

  ログインし、「設定」タブをクリックし、ロットサイズを「 Standard / Mini / Micro 」のどれかを指定します。
  ロットサイズは取引単位でStandardは10 万通貨単位、Miniは1 万 通貨単位、Microは1000 通貨単位です。
  資金額にあわせて選びます。小口の方が取引単位が少ないので証拠金不足のリスクが減りますが、儲けもその分小額となります。
   
    取引金額やpips単位の収益はMini口座は1/10、Micro口座は1/100で相当に換算して計算できます。
  資金が30万円以下〜Micro。300 万円以下〜Mini、300 万円以 上〜Standardを 目安 と考えてください。
  
     一旦、「口座設定をセーブ」 で変更を反映し、次に、「最大オープンロット数」を指定します。
     これは1つの口座で同時に保有できるロット数で、複数のシグナルプロバイダが保持する
  ロット数の合計となります。取引の総上限ということですね。
  Zulu 取引

Aステップ2〜シグナルプロバイダを選ぶ。

  「シグナルプロバイダの追加」を押し、シグナルプロバイダを選びます。 
   1200以上あるシグナルプロバイダからお気に入りを選ぶのは、ZuluTradeの醍醐味です。 
  シグナルプロバイダ選びの情報は「シグナルプロバイダー選び」を見てください。
  シグナルプロバイダの名前をクリックすると詳しい情報が表示され、+を押すと指名できます。
  シグナルプロバイダの指定  
    +ボタンでシグナルプロバイダを指定すると確認画 面がでます。


   1回のシグ ナルで売買するロット数(単位数)を指定してください。   
    ※後で変更できます。Micro口座なら5以上。Mini口座なら0.5以上です。  
  シグナルプロバイダ決定

  

Bステップ3〜シグナルプロバイダごとの最大取引ロット数を指定する

  シグナルプロバイダを決定すると、シグナルプロバイダごとに「取引ごとのロット数」と
    「最大トータルオープン取引数」を指定できます。
  この組み合わせでシグナルプロバイダが大量のポジションを保有するのをブロックします。
  
    ナンピンを大量にしたり、沢山ポジションを保有するスタイルのシグナルプロバイダの場合、
    あっという間に証拠金不足になってしまいますので、それを防ぐために必ず設定してください。
    私はナンピンを避けるため最大トータルオープン取引数は1にしていますが、
  シグナルプロバイダの投資スタイルと合致しないと期待される収益が下がってしまいます。

  これらの設定により 「Margin Call -o- meter」という証拠金不足による強制決済や追証のリスクを示す値が変化します。
  50〜70%前後が目安とされていますが、市況は変化しやすいので参考としてとらえてください。
  100%を超えていると警告が出ます。  
  取引ごとのロット設定
  さらに、リスク管理を高めたい方はストップロスを設定しておくことをお薦めします。
  「高度な設定」にチェックをいれると、シグナルプロバイダの通貨種類ごとにス トップを pips単位で設定できます。
     mini口座の場合は1/10、micro口座の場合は1/100相当 として換算できます。

♪♪♪お疲れ様でした♪♪♪これで、シグナルプロバイダと自動取引の設定は完了です。

あとは市場が開いて、指名したシグナルプロバイダからの売買シグナルの配信を待つばかりです。
全自動とはいえ、ずーっと放置はいけません。リスク管理は本人の責任なのですから、マメにチェックしましょう。